プリウスPHV_top
新型プリウスPHVの先進性
ご家庭の電気でも、
ガソリンでも走ります。
PHV (プラグインハイブリッド車) は、EV(充電電力使用時走行)モードとHV(ハイブリッド走行)モードの両方が使えます。つまり、充電して走ることも、普通のハイブリッド車のようにガソリンを使って走ることもできるんです。
cap1_1
届いたその日から
家で充電できます。※1
家庭用コンセント (アース付き) で、AC100V/6A充電ができます。
※1 100V 充電時の電源を6A とすることで、一般回線のコンセントで充電できます。専用回路工事が不要となり、工事費低減にも貢献します。
cap1_2
プリウスはついに太陽光を、走るエネルギーに。※2
量販車では世界初。※3
ソーラールーフを搭載し、駆動用バッテリーに充電。トヨタがまた、クルマの歴史を変えました。
※2 ソーラー充電システムは、一部の特定グレードへのオプション設定となります。
※3 2016年4月末時点(トヨタ自動車調べ)
cap1_3
⇒TOP
PHV SYSTEMプラグインハイブリッドシステム
cap3_1 cap3_1
PHVならではの静かな走り
静粛性

新型プリウスPHVは、発進から加速、高速の巡航時に至るまで、バッテリーの電力が十分にあれば、ほとんどの場合モーターだけの走行が可能です。そのためエンジンが止まっている時間が長いため、エンジンルームから伝わる音は小さく、より優れた静粛性を実現します。
大幅に延長したEV走行距離

従来の約2倍の総エネルギー量を実現した大容量リチウムイオンバッテリーを採用することにより、満充電からの航続距離は68.2kmと飛躍的に進化しました。また、EV走行での最高速度も135km/h※4(テストコース等での計測)となり、日常的な走行シーンの大半をエンジンを始動させることなく、電気自動車として走ることが可能です。
EV走行性能比較 EV走行性能比較
世界トップクラスのハイブリッド燃費

ハイブリッド燃費の向上に加え、PHVシステムの効率改善により、従来型と比較しJC08モード燃料消費率※4 をさらに向上。
※4 燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時)に応じて燃料消費率は異なります。
ガソリン使用時燃料消費率
(ハイブリッド走行)
JC08モード[国土交通省審査値]
37.2km/L
・前モデル プリウスPHV:31.6km/L
・プリウス:
 40.8km/L(Eグレード)
 37.2km/L(2WD)
 34.0km/L(4WD[E-Four])
  新型 前モデル
EV走行距離 km 68.2 26.4
ガソリン使用時の燃料消費率(ハイブリッド走行) km/L 37.2 31.6
EV走行最高速度(テストコース等での計測) km/h 135 100
リチウムイオンバッテリー総電力量 kWh 8.8 4.4
⇒TOP
STYLE外観
フロント 先進機能と遊び心を兼ね備えたプラグインハイブリッドカーの表情として、飛躍的な進化を遂げた低重心かつエモーショナルなデザイン。
サイド 水平基調の伸びやかなサイドシルエット。
低重心を強調した伸びやかなサイドシルエットは車格感を表現。
リヤ 機能と遊び心が融合した個性的なリヤスタイル。
空力性能をアイコニックかつエモーショナルにデザインしたリヤビュー。フロント同様、先進機能と遊び心を高いレベルで融合。
⇒TOP
INTERIOR室内
インストルメントパネル
インストルメントパネル

先進性と機能性が融合するコクピットデザイン。先進性のシンボルとして、強い存在感を放つトヨタ初の縦型ディスプレイを採用。

歴代のプリウスシリーズが培ってきた「人の感覚」に寄り添った機能配置やデザインを進化させたインストルメントパネル。先進性のシンボルとして11.6インチのディスプレイを採用し、進行方向の先まで地図が見渡せるよう大画面を縦型に配置しました。さらに、デザインの細部にもこだわり、クラスターモールが両側から断面を変化させながらセンター部の造形を強調。クラスターモールおよびサイドレジスターベゼルは、専用のサテンメッキ加飾を施しました。
リヤシート
リヤシート

より快適で、ホスピタリティあふれるリヤシート。リヤシートをセパレートシートとしたことにより、ゆったりとくつろげる程良いパーソナル感とともに、プレミアムな空間を演出。

新型プリウスPHVでは、後席を2人がけとし、中央に大型のコンソールを設けることで、ゆったりとくつろげる程良いパーソナル感とプレミアム感を生み出しています。さらにコンソールは、シートバック側への連続性を意識したデザインとすることで4座独立を強調。大人4人が快適に過ごせる空間を演出しました。
ラゲージスペース
ラゲージスペース

大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載しながら、デッキ面の上昇を77mmに抑えています。さらに、デッキサイド両側を深く凹ませることにより、ゴルフバッグ2個※5 を積載することができます。
※5 ゴルフバッグのサイズは9.5インチ×46インチの場合。ゴルフバッグのサイズや形状によっては収納できない場合があります。
⇒TOP
BODY COLORボディカラー
SPECスペック
排気量:1.797L

グレード:Aプレミアム
     A“レザーパッケージ”
     A
     S“ナビパッケージ”
     S
トランスミッション:電気式無段変速機
全  長:4,645mm
全  幅:1,760mm
全  高:1,470mm
エンジン最高出力:72kW(98PS) / 5,200r.p.m.
エンジン最大トルク:142N・m(14.5kgf.m)/ 3,600r.p.m.
駆動:前輪駆動方式
乗車定員:4人

カラバリ