ネッツトヨタ神奈川 - Netz Toyota Kanagawa

沿革

トヨタ自動車販売株式会社(現トヨタ自動車株式会社)は昭和42年、既設3系列店に加え「トヨタオート店」を全国に新設、大衆車クラスの販売強化に乗り出しました。これに伴い当社は神奈川県における販売経営権を授かり営業を開始いたしました。
その後、翌年1月にはトヨタ自動車販売株式会社から昭和43年度の優秀ディーラーとしての表彰を受けるなど、早くも有望ディーラーの素質を認められ注目を集め、恵まれた市場環境を背景に成長し続けました。
昭和44年10月には商号をトヨタオート新神奈川株式会社と改称、社名によるイメージアップを図るとともに営業拠点の拡充整備に力を入れました。また昭和52年4月、社名をトヨタオート神奈川株式会社に、さらにオート店創立30周年を契機としたトヨタ自動車株式会社によるチャネル名変更に伴い平成10年8月、ネッツトヨタ神奈川株式会社と社名を改称しました。またネッツ30周年記念事業として、平成10年4月に輸入車販売会社 TAK株式会社を設立、翌年11年3月には本社を竣工いたしました。
その間日本経済は急激な低迷状態を続けるにもかかわらず、創立7年目の昭和50年度から20年連続して「トヨタ自動車優秀ディーラー総合表彰」を受賞、トヨタ系販売会社にとって最高の名誉である「特別栄誉賞」を獲得しました。さらにその後も連続受賞記録を更新、ついに平成16年には全国ネッツ店で初の30年連続受賞という、前人未踏の記録を達成いたしました。名実ともに第一級ディーラーとして今日に至っています。
そしてこの実績を礎に、より多くのお客様に感動とサービスをお届けする為、平成19年1月より、新たに「横浜市・川崎市」にも事業地域を拡大し、神奈川県で唯一のネッツ店全県ディーラーとして「新生ネッツ神奈川」が誕生いたしました。
History
昭和43年 1月
平塚市四之宮1534番地において会社設立
昭和43年 2月
本社および営業所(新車販売拠点:平塚・藤沢・相模原・小田原・横須賀)で、従業員82名にて営業開始
昭和50年 3月
新車点検工場ならびに配車センター(中津センター)開設
昭和50年 7月
本社ショールームをリニューアル
昭和51年 7月
資本金を1億円に増資
昭和62年11月
中津センター新車点検工場を、新車点検工場ならびに集中車検工場に増改築
昭和63年 2月
中津センター新車点検工場の一部を鈑金・塗装工場に改築。総合センターとなる
平成 3年11月
鈑金・塗装工場(秋葉台テクニカルセンター)新設
平成 4年 1月
車検・一般修理工場(湘南テクニカルセンター)新設
平成10年 4月
輸入車販売会社 TAK株式会社を設立、藤沢にて営業開始
平成10年 8月
商号をトヨタオート神奈川株式会社よりネッツトヨタ神奈川株式会社に変更
平成10年10月
社内組織変更に伴い「営業所」の呼称を「店」へ変更
平成11年 3月
本社竣工
平成12年 4月
買取り事業においてT-UPを開始
平成13年 4月
社内組織変更に伴い「マイカーセンター」の呼称を「U-Carセンター」へ変更
平成17年 1月
トヨタ自動車総合表彰受賞30年連続31回目 特別表彰受賞6回目
平成17年 8月
レクサス事業への参画に伴い、レクサス平塚を新築開店
平成19年 1月
ネッツベイシティ横浜株式会社と合併、全県下をカバー
平成26年 1月
全新車店舗にグループ名の「ウエインズ」を入れ店舗名を変更