TE-LABの紹介

TE-LABとは?

TE-LAB(ティーラボ)は、サービス技術品質の向上と、優秀なエンジニアの輩出を目的として、2011年に創設された専門施設です。施設内には最新の機材や設備、高度な技術を誇るスタッフが常駐し、サービスエンジニアのスキルアップを全面的にサポートしています。


資格教育グループの役割
資格教育グループは、サービスエンジニアのスキルアップを支援する部門です。実際の車やエンジンを用いた専門的な技術実習、座学での集合研修のほか、トヨタ技術検定などの資格取得支援講習も実施しています。
技術グループの役割
技術グループは、店舗で発生した難易度の高い整備に対して、技術的なサポートを担う部門です。情報提供や技術相談を行うことにより店舗を強力にバックアップ。高い技術力で解決へと導き、お客様の安全を守ります。


施設紹介

1
作業効率の高いフラットリフトを完備
タイヤを装着したままフラットな状態でリフトアップできる埋め込み式リフト。車両全体を持ち上げるので作業しやすく、走行時と同じ状態で点検できるため、より正確な調整が可能です。
2
アライメントテスターによる測定・調整
4輪アライメントテスターを用いてタイヤの取り付け角度や向きを測定。測定数値をもとに、適正な状態に調整することにより(ホイールアライメント調整)自動車の走行性能を向上させます。

3
種類豊富な実習車を用意
ガソリン車からハイブリッドカーのプリウスまで幅広い車種を用意。実習のテーマに応じて使用する車種を変更します。最先端技術が結集した自動車に、実際に見てふれてじっくり学べる環境です。
4
ハイブリッドエンジンの実習
ハイブリッド車は、ガソリンで動くエンジンと電気で動くモーターを組み合わせて自動車を動かしています。実習では、ハイブリッドシステムエンジンを使用して、その構造や仕組みを理解します。

INTERVIEW
さらに上を目指す、
エンジニアの挑戦をサポート

資格教育グループ 主査

資格教育グループは、新人研修から各種資格取得支援まで、サービスエンジニアのスキルアップに関わる様々な支援を行う部門です。私が担当する新人SE研修では、店舗で即戦力として活躍できるように、技術の基本や考え方を身につけるとともに、「自ら考えて行動できるエンジニア」へと成長することを目指しています。受け身ではなく、主体的に調べて考えることで知識が増え、より質の高い仕事をお客様に提供できるからです。そのため、研修中もトレーナーの話を聞いたり手順を見て覚えたりするだけでなく、自分で考えて手を動かすことを重視しています。ぜひ積極的に知識や技術を吸収し、サービスエンジニアとしての一歩を踏み出してください。


PAGE TOP