INTERVIEW 02 評価制度を語る 仕事の成果に対する評価がモチベーションを高める
営業スタッフ
第5エリア 店舗スタッフ


お客様の信頼を築くことが
営業としての評価の土台

クルマはお客様にとって大きな買い物。そこに携わる営業は、やりがいのある仕事です。しかし、限られた時間でお客様にご満足いただくのは簡単なことではありません。人間関係を築いて初めて深いお客様情報が得られ、最適な提案が出来たことでご満足いただけるものです。だからこそ、自分の努力と成長が認められる評価制度は大きなモチベーションになります。その一つが、半年に1度のアワードスタッフ表彰制度。営業成績が上位に入ると賞与額がアップします。私と仲の良い先輩との間では、どちらかが入賞したら焼肉を御馳走するのが恒例で、やっと私もおごらせてもらえるようになりました。目標を達成できたのは自分の力だけではありません。その感謝の気持ちを忘れずにいたいです。



周囲の支えに感謝を込めて
念願の授賞式の壇上に立つ

ネッツトヨタ神奈川では、営業成績上位者が年間表彰されます。さらにその中で上位に入ると、ウエインズグループ全体で成績上位者に授与されるウエインズ表彰があり、ずっとそれを目標に頑張ってきました。私は入社5年目に、自動車保険部門で念願のウエインズ表彰を受賞しました。ホテルで盛大に行われた表彰式では、受賞者を代表して何百人もの前でスピーチもさせていただきました。一番に伝えたかった周囲の方々への感謝の気持ちをしっかりと話すこともできました。これからも毎年この場に立てるように頑張ろうと決意を新たにしました。



さらなる成長を目指して
目標を高く持ち続ける

「保険の成績が良いスタッフはクルマが売れる」。新人研修で先輩のこの言葉を聞いて、保険を一生懸命勉強しました。他社の商品を学んだり、特約の知識を学んで提案の引き出しを増やしていくと、3年目に自分のスタイルができ、4年目から営業成績が伸び始めました。先輩が言っていたことは「お客様とのつながりが深くないとクルマは売れない」という意味だと改めて理解しました。お客様から教えていただくこともたくさんあります。その中で、プライベートな会話を楽しめるようになったことが、今日の自分の成長につながっています。今後の目標は全社NO.1。そして役職者となり、部下の成長を導ける存在になりたいです。

営業スタッフのしごとについて
PRIVATE

思い立ったらとにかくチャレンジ!
ゴルフでも目標をクリアしました

ゴルフを始めて1年半になります。当社には営業成績を競うコンテストがあり、入賞すると報奨旅行などに参加できます。その際、オプションのゴルフコンペに参加したくて、打ちっ放しで3回練習しただけでコースデビューしたのですが、初心者の部でいきなり優勝してしまいました!賞品にゴルフバッグをいただいたのがきっかけで本格的に始めました。1年を過ぎ、100を切るという目標を達成し、現在のベストスコアは94。新しい趣味を始めるきっかけができ、仕事で競い合いながら、一緒に楽しめる人がいることも当社で働く楽しさです。

PAGE TOP